フルボ酸/Miyamonte Fulvic Acid

ミヤモンテフルボ酸は、化粧品原材料、工業使用、食品添加物として幅広く使用出来る可能性のある伝達因子(トランスファクター)です.

*注意 日本国内でミヤモンテフルボ酸の正規輸入は2009年からです. このページの情報を印刷してミヤモンテ以外の製品を販売する業者がいますので注意ください.必ず、ミヤモンテJAPAN,Miyamonte USAにお問い合わせご確認ください。

Fulvic Acid Academy フルボ酸学会/地球と宇宙の浄化⇨再生⇨共生を目的とする学会を目指します.

基本原材料ミヤモンテフルボ酸のフルボ酸含有量(ミヤモンテフルボ酸はフミン酸を含みません)

化粧品

ミヤモンテ フルボ酸は化粧品原材料としてフミン酸を含まないフルボ酸として国際化粧品成分辞典・国際化粧品取引ガイドにINCI CODEにFulvic Acid(フルボ酸)として登録されます.ミヤモンテ フルボ酸が世界で初めて化粧品原材料としてフルボ酸として登録されました.

*世界共通化粧品成分表示(INCI)番号を御確かめください.                                                 INCI名称取得内容

製品名:ミヤモンテフルボ酸     INCI名称:フルボ酸(Fulvic Acid)

飲用

安全性臨床

メキシコ2008年10月7日−28日 

生後15日の鶏を使用⇨異常なし.

にわとり毒性テスト経口、注射 ⇨成長に異常なし解剖結果異常なし

日本食品分析センター 

ラットを用いた急性経口毒性試験⇨異常及び死亡例なし.
ラットを用いた28日間反復投与毒性試験⇨フルボ酸投与において、異常は見られなかった、全身毒性は発現しなかった.

農業

国際オーガニック許可

イタリア bioagricert

ドイツ ミヤモンテ フルボ酸(ミヤクション)は、

JAS登録外国認定機関 ビーシエス・エコ・ギャランティー・ジーエムビーエイチの有機証明BCS OKO-GARANTIEを受けた。その厳格な認定基準と豊富な認定実績で、国際的に評価の高いドイツのオーガニック認証機関です.

メキシコ農業大学臨床実験 Fulvic Acid Protocol ミヤモンテフルボ酸は臨床実験前にネズミに飲用投与での安全性確認をしています.

Miyamonte Organicミヤモンテオルガニック 

2004年 USBコンポスターを利用した肥料

Miyaction ミヤクション 

2005年基本のコンポスターを改良、原材料を改良し製造した  フルボ酸液体

上記の2種類について臨床した.

トマトジャガイモユリスイートピーマン

*ミヤモンテフルボ酸を利用した植物の栽培方法、苗作り、種作りはメキシコ、日本国内大手会社でのでの研究(社内機密)も進んでいます.

広告