フルボ酸 FULVIC ACID

FULVIC ACID

古いフランス語で黄色(金色)

太陽のエネルギー

フルボ酸

46億年前に爆発を繰り返し太陽系に原始地球が形成され、40億年前に地球の温度は低くなり原始海洋(プレート)が出来た、海洋は亜硫酸や塩素をとかして酸性であったが、陸地にある金属イオンとフルボ酸が雨と共に流れ込んで中和され二酸化炭素が溶解できるようになり、大量の二酸化炭素を吸収した.水蒸気が紫外線を受けて光り分解され酸素が形成され、原始生命が誕生した.その後、緑豊かな地球へと変化して行ったのではないかと考えます。フルボ酸は地球上の無毒化、エネルギーの形成などになくてはない物質として地球に存在します.

山の広葉樹の落ち葉が腐植物質となり川に流れ腐植物質中のフルボ酸が川の砂鉄とキレート(吸着)して海に流れて、海を無毒化し、クロレラなどを育み海草を育て生命の源となったのは:もののけ姫:でも知られています.(生命の生誕に必要)

フルボ酸は地球上の浄化作用(無毒化)を促していますが、大量の汚染により地上からも海からもフルボ酸は減少続けています.

フルボ酸の発見

1820年代にドイツの学者がフミン酸(腐植土中の)を発見しました。

フルボ酸の研究は近年になり諸外国で進められてきました.

通常のフルボ酸

微生物により分解され堆積した土壌中の腐植物質中のフミン酸に微量含まれる、通常は0.02%と言われています.

A:石油(動物性、植物性プラクトン)、

石炭(植物系)などの化石燃料に微量含まれる.

B:堆積地層 植物や動物が氷河期を経て微生物の分解でできた泥炭、地層

C:古代植物、堆積層の植物性堆積地層(HUMIC SHALE)ヒューミックシェル

D、化石、鉱物—生物、土壌由来の鉱物(アンモナイト、ヘマタイト)

ミヤモンテ フルボ酸

ミヤモンテ フルボ酸は植物の選別、温度管理、植物性乳酸菌、酵素(嫌気性、好気性)のコントロールにより高速発酵を実現しフルボ酸を製造する事に成功した。

フルボ酸の特徴キレートー(CHELATE)吸着、鎖体CHAINS⇨CHELATE鎖(チェーン)⇨チレート
広告